よく響き、しっかり効く!! 大田区、蒲田駅から徒歩10分。
腰痛、ぎっくり腰、肩こり、頭痛、五十肩、坐骨神経痛などの治療を得意とした、
女性鍼灸師のいる鍼灸院です。

070-5467-9625

受付時間10:00〜19:30

営業日
  • 営業日カレンダー

  • メニュー メニュー

    エッセイ

    寝違い

    寝違いとは朝起きたら首が痛くて動かない状態のことをいいます。
    普段から首にコリを感じている人は経験があるのではないでしょうか。
    ぎっくり腰同様、急性の症状ですので、はやめの治療で改善します。

    ◆仕組み◆

    寝違いを起こす人は普段から首がかなり凝っており、そこに不自然な姿勢で眠ってしまったりすることで筋肉が長時間収縮された結果起こります。
    首が回らないので日常生活にも支障がでます。

    寝違いを繰り返す人はおおいです。
    寝違えたら湿布を貼ったり薬を飲んでしばらく我慢すれば痛みはなくなっていきますが、このまま放置すると首の血流はどんどん悪くなり
    しばらくするとまた寝違える、というサイクルを繰り返しているのです。

    なので1日我慢すれば治ると思わず、根本的な治療をしなくてはどんどん悪化していきます。

    さらに首の凝りを放置し続けると頭痛や吐き気、めまいなどの症状も出てきてしまいます。
    このような症状が出てくると完治するまでの治療回数が多くなってしまうのではやめに治療して治してしまいましょう。

    ◆治療方法◆

    首の治療が中心となります。

    吐き気がある場合は背中まで凝っていることが多いので、背中の治療も追加します。

    首の筋肉が硬くなりすぎると腕にいく神経を圧迫し、腕や指先にしびれが出ることがあります。
    その場合は腕の筋肉まで硬くなっていることがあるのでしびれの出ている場所も一緒に治療していきます。

    ◆治療後の経過◆

    寝違えた当日なら1回の治療で治ることがほとんどです。

    1回の治療で急性の痛みは消えますが、根本的な原因である首の凝りを治すために3回くらい治療し首の筋肉をほぐします。

    痛みがなくなった後は首・肩コリの人と同じように
    パソコンや家事・本読みなどによって長時間下を向くような動作を避けると再発防止になります。

    ページトップへ